親和的居場所を持った人を増やすために

あいむは「居場所型」家庭教師を通して、学校に行っていない子ども、

そして、学校に行っておらず、経済的困窮している家庭に心理的居場所を届けています。

では、なぜ居場所が必要なのか、あいむが考える理由を書いてみました。

———————————

死にたくならない社会を作るためには、一人ぼっちにならないことが必要。

誰かおしゃべりをしたり、恋愛をしたり、誰かに手を差し伸べたり、助けてもらったり、

誰かとの”かかわり”が必要。

心を安心して開ける「心理的安全性」を保った居場所が必要。

居場所には、個人的居場所、親和的居場所、社会的居場所の3つがある。

個人的居場所は、自分の部屋など一人で心地よくいられる空間。

親和的居場所は、友人や家族など無条件に誰かに受け入れられる(受容されている)と感じられる関係性。

社会的居場所は、会社など、何か自分の力(能力)を提供することによって得られる他者からの承認を得られて、自分はそこにいてもいいんだと思える居場所。

今の社会は、誰か、あるいは社会に認められるために、「能力が必要、あるいは提供しなければならない」と考えてしまいがちで、社会的居場所に頼ってしまいがち。

けれど、そればかりを求めていると、何かがきっかけで今まで通りの能力が発揮できなくなったとき、その居場所はなくなってしまう。

社会的居場所があるときは、その居場所で自分は満たされるけど、社会的居場所は脆い。

そればかりを頼りにしていると、社会的居場所を失ったときに、自分の生きている価値を見失ってしまうこともある。

だから、「死にたくならない社会」を作るためには、親和的居場所をひとりひとりが持つことが大切。

何か価値を提供しなくても、発揮しなくても、ありのままの自分を認めてくれる人、環境がどれだけあるかが重要。

だから、あいむは、生きていくための土台となる親和的居場所を提供している。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。